パソコンを見ている男性

SEOに効果的なコンテンツって何?

被リンクの質やユーザーにとっての有益な情報を含むコンテンツを、検索結果上位表示させる路線を鮮明にした、パンダアップデートやペンギンアップデートなどのGoogleのアルゴリズムの更新の影響は大きく従来取られてきたSEO対策の有効性や妥当性を大きくゆるがせることになりました。短期的に検索結果上位を獲得できる検索結果の最適化を採用しても、長期間にわたって安定した順位を維持するのは容易なことではありません。ましてやGoogleのウエブマスターガイドラインに違反するようなSEO対策は、ペナルティのリスクの割にコンバージョンを獲得できないことも珍しくないので回避するのが賢明です。

そこで今後のSEO効果を見込める対策は、自然な被リンクを獲得できるガイドラインにそった内容のオリジナルコンテンツであることが基本になります。一見すると優れた内容を提供しているようであっても、それがコピペテキスト似すぎない場合は、独自性は皆無でデジタル著作権などの問題点も抱えているので当然のことながら、検索結果上位をみこめることは出来ないでしょう。他のサイトではお目にかかれない独自性をもったオリジナルのコンテンツこそが、ユーザーにとっての有益な価値を提供し信頼性も高く評価されることになるはずです。

コンテンツの主要な要素はテキストになるわけですが、この時にポイントになるのはキーワードの選定です。検索ユーザーのニーズを意識しつつ信頼性もあるテキストを提供するには、キーワード選定ツールなども駆使して、目下の検索クエリのニーズなども意識して最終的に選別することになります。また単体のテキストの内容の重要性は明白ですが、アンカーテキストなどを利用して自サイトの関連性の強いページへのリンクをはるなどの内部構造や階層も利便性を意識したつくりにすることができます。とりわけアンカーテキストが適切に配置されたページはクロールしやすいのでSEO対策でも重要といえます。

ところでコンテンツには利便性や訴求性をつけるために動画や画像を利用する機会も増えてくるでしょう。動画や画像は圧縮しないと表示速度が遅くなるなど、検索ユーザーの直帰率を高める要因になってしまいます。表示速度に3秒以上かかると半分以上のユーザーが直帰するとされているほどです。画像や動画は圧縮することで要領を小さくして、表示速度が低下しないようにくれぐれも注意してください。