パソコンを見ている男性

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイドを学ぼう!

パソコンの前にスマホを使用する男性

日本国内で検索エンジンのユーザーが多いのは、GoogleとYahooが有名ですが基本的にYahooの検索エンジンはGoogleと共通しているため、日本における検索最大手はGoogleと認識して間違いないでしょう。WEBサイト運営をするうえにおいて、GoogleのWEBマスターガイドラインやアルゴリズムの更新などには敏感になっている必要があります。検索エンジンの代名詞的存在のGoogleが、初心者でもWEB宣伝や効果的なSEO対策のための入門書として発表しているのが、検索エンジン最適化スターターガイドになります。

WEBマーケティングを実践するにしても、企業ブランディングを目標するにしても検索エンジンの結果表示の最適化(SEO対策)は常に問題意識を持って取り組むべき問題です。WEBサイト運営の初心者にとってはSEO対策の重要性は認識していても、いざ実践するとなると基礎知識もどこで習得するべきかも難しいのが現実です。スターターガイドではSEO用語の基礎知識から収益化につなげるサイト改善の方法や、オーガニック検索をトラフィックにする検索ユーザーの回遊率を高めるための方法論やユーティリティの高い資料などが満載です。

具体的にはSEO対策の入門書として、検索エンジンがWEBページのコンテンツを収集するためのクローラーの役割や、コンテンツを検索エンジンで評価して検索結果に反映される仕組みなど、初歩的な知識から始まります。オーガニック検索でもアクセス数が集まらなかったりコンテンツを更新しても検索結果に反映されないときのサイト改善策などについても、用語の基礎知識を押さえながら客観的資料を用いて開設しているのが特徴です。WEBサイトを宣伝する方法として、SNSの活用などを勧奨するなどモバイルからのトラフィックが急造しつつある現在のオーガニック検索の変貌にも対応した内容になっています。

またWEBマーケティングで売上などの収益化につなげるためには、オーガニック検索でどの検索クエリにアクセスが集まっているのか、逆に少なくなっているのか現況を分析することは有益です。そこで検索エンジンスターターガイドでは、サーチコンソールの機能や使い方などを紹介しているのがポイントです。サーチコンソールだけでなく、アナリティクスなどの無料ツールを初心者のうちから慣れ親しむことで余計なコストをかけることなくSEO対策を実施できると示唆しているの興味深いところです。