パソコンを見ている男性

手動ペナルティと自動ペナルティって何?

GoogleにはWEBサイト運営についての基本的ルールとして、Googleガイドラインが設定されています。そして検索順位の順位結果を判断しているのは、200以上の数が存在し稼動していると推認されている検索アルゴリズムになります。検索アルゴリズムとは、クローラーがWEBサイトをクロールして収集してきた情報の価値を判断するためのプログラムと考えればいいでしょう。コンテンツを更新したり、被リンクを獲得するなどして検索結果の最適化を図っていくのが正当なSEO対策になります。

ところがある日突然、これまで順調に上位表示されていたWEBサイトの検索順位が大きく下ってしまうことがあります。最悪の場合、完全にインデックスから排除されてしまうことがあります。このような事象に遭遇したときにはGoogleからペナルティの適用を受けている可能性があります。

ペナルティは手動ペナルティと自動ペナルティの2種類からなり、原因も確認方法も異なってくるので注意が必要です。まず手動ペナルティとは、Googleガイドラインに違反した行動が原因で課されるペナルティのことです。手動ペナルティの原因で代表的なものはクローキングや隠しテキストなどを挙げることが出来ます。クローキングはユーザーとクローラーとで異なるページを表示させることです。そして隠しテキストは、HTMLなどの記述を工夫してユーザーには見えないように仕込んだテキストのことを指しています。いずれもGoogleでは悪質なスパムてき手法と分類されており手動ペナルティの可能性があります。

手動ペナルティの確認方法は、サーチコンソールに通知が来ていないかを確認することです。悪質なスパム的手法などと判断されると、主導ペナルティの対象になった旨と問題の概略が通知内には記載されています。手動ペナルティを解除するには、通知に記載されたガイドライン違反を解消して再リクエストをだすことが解除のためには必須です。

これに対して自動ペナルティとは、Googleのアルゴリズムによって本来の検索順位よりも低く表示される状況をいいます。自動ペナルティはインデックスされないほどの影響はありませんが、手動ペナルティと違ってサーチコンソールに通知が届くわけではないので、100%見抜くのは困難です。いずれにしてもパンダアップデートやペンギンアップデートのアナウンスがあった後に検索順位が下落していえれば自動ペナルティの可能性が高いので、コピーコンテンツの修正や質の低い被リンクを削除するなどが対策になります。