パソコンを見ている男性

中古ドメイン(オールドドメイン)って何?

パソコンを使っている男性

アフィリエイトサイトやWEBマーケティング目的でサイトを立ち上げる際には、ドメインを取得するのが一般的です。
ドメインは世界に二つとないので、長期的なブランディングや世界を舞台にドメインの名前でマーケティングを取ることもできるからです。
WEBマーケティングでは検索エンジンでの上位表示結果が前提になるので、常に検索エンジン結果の最適化(SEO)を意識する必要があります。
SEO効果とは、検索上位表示を具体的に獲得できることを言いますが、中古ドメインを使ってSEO対策を行うとSEO効果を見込めるとされているのです。

中古ドメイン(オールドドメイン)とは、過去の一定期間WEBサイトの運用実績がありますが、契約期間切れなどで現在はレジストラーなどの管理におかれているドメインになります。
新規ドメインであれば任意の文字列を選択することができるので、中長期的なブランディングのためにはメリットが大きいはずです。
にもかかわらず利用できる文字列が限定されてしまうのに、あえて中古ドメインでアフィリエイトサイトを立ち上げるにはどのような具体的メリットがあるのでしょうか。

確かに中古ドメインは期限切れドメインなので、価値がないようにも思えます。
しかし期限切れドメインといえども過去の運用経験をもっているので、コンテンツなどはクローラーされて検索エンジンにインデックスされた経歴を持っている場合も少なくありません。
通常は新規サイトを立ち上げても、検索エンジンにインデックスしてもらうまで数週間から数ヶ月程度の時間が必要です。
ところが中古ドメインでは、過去の運用経験のおかげでインデックスされるまでに期日も必要とせず即効性のあるSEO効果を実感できる場合があります。
SEO効果という利用目的を重視すれば価値はむしろ高いといえます。過去の評価を引き継ぐので、すぐれたサイト運営の実績をもっている中古ドメインには高い需要があり高額で取引されている場合もあります。
それでもなお即効性のあるSEO効果を狙う利用目的であれば、需要の高さからそれなりの対価を支払ってもなおコストパフォーマンスが高いと評価できる訳です。

ただ中古ドメインではサテライトサイトを運営していた場合があります。
SEO効果の面ではコストパフォーマンスが高くても、サテライトサイトがペナルティを受けている場合は別なので中古ドメインを選ぶときは、ハズレをひかないように十分注意する必要があります。