パソコンを見ている男性

モバイルフレンドリーって何?

インターネット検索をする際に、従来はPCからのトラフィックが圧倒的でしたが、スマートフォンを筆頭にしたモバイル端末からのトラフィックが急造しています。インターネット検索のユーザーのトラフィックの相対比率でみると、既にモバイル端末がPCからのトラフィックの数を凌駕していると考えられています。検索ユーザーに占めるモバイル端末数の増加にともなって、2018年3月27日にはモバイルファーストインデックスト言うアルゴリズムの採用を公式にアナウンスしているほどです。モバイルファーストインデックスとは、従来はパソコンサイトのコンテンツをもとに評価していた状況を一変させてスマートフォンサイトに軸足を移してインデックスを行うと言う路線変更のことです。

今後はモバイル端末での利用に際しての、モバイルフレンドリーが重視されるようになります。モバイルフレンドリーにおいて重要な要素になるのは、レスポンシブウェブデザインを採用することにあります。レスポンシブウェブデザインとはどのサイズの画面でも見やすさに配慮された、利用者の利便性を重視しスマホ対応の仕様を採用していることです。単一のHTMLで配信し、CSS(フォントの大きさや位置の指定)などはスマホなどのデバイスで対応することになります。
レスポンシブウェブデザインを採用することのメリットは、スマホのように画面のサイズが限られている場合であっても、見やすさにかわりがないので利用者の利便性を高めることが可能になることが挙げられます。視点を変えてWEBサイト管理者にしてみれば、HTMLが1つなのでコンテンツを更新するときの作業を一回で済ませることが出来ます。

そしてなによりSEO対策の観点で見れば、モバイルファーストインデックスにも対応することになるので検索結果上位に表示されることを期待できます。

他方でレスポンシブウェブデザインを採用することには、問題点もあります。HTMLが単一ということは、パソコンと同じデータをモバイル端末に読み込ませることを意味しているのです。従ってスマホでは表示されないデータも読み込まざるを得ないので、画面表示するまでに時間がかかってしまいます。またHTMLが一つなのでデザイン面で大きな変更を加えることは困難です。

今後はインターネット検索の主役は、スマホなどのモバイル端末になるのは間違いありません。SEO対策においてモバイル端末を意識することは必須の条件となっていることは肝に銘じるべきでしょう。