パソコンを見ている男性

バックリンク(被リンク)って何?

コーヒーを飲みながら、スマホを見る男性

リンクとは別サイトに遷移するように関連づけられた移動ボタンに例えることが出来るものです。自サイトから外部に向けて貼る場合と、第三者が別サイトから自サイトに向けて貼る場合の2つのリンクが想定されますが、SEO効果において大きな意味を持つのは、自サイトに向けられた被リンクになります。

被リンクはコンテンツなどで情報発信してから、検索ユーザーによって拡散されて影響が目に見えた形でかえってくることから、バックリンクとも呼ばれています。インターネットにおけるWEBマーケティングなどで検索順位の上位をコンスタントに獲得するには、かねてよりバックリンクの数量の重要性は幅広く認識されていたところです。オーガニック検索の場面において、検索ユーザーが自サイトに向けてリンクを張る行為に出るのは、多くの場合有益で役立つ情報であったり共感を抱ける内容であるからこそさらに多くのユーザーの目に触れてもらうことを期待してのことです。バックリンクは検索ユーザーにとっての価値の高さを客観的に推認できる要素と判断できるので、被リンクの数量を数多く獲得することで検索順位も上位を見込めることが出来たわけです。

当初は被リンクの数量を単純に増やすことで、検索結果上位表示などのSEO効果を獲得することが出来たので、それを逆手に取ってバックリンクを水増しさせるSEO手法が数多く登場しました。たとえ質の低いサテライトサイトを大量生産して被リンクを獲得したり、質の悪いリンクをSEO会社から購入する行為などです。こういった一連の行為はガイドラインで禁止されていたものですが、しばらくの間Googleは寛容な姿勢を見せていました。しかし、ペンギンアップデートを境に、バックリンクの数量だけでなく質も検索結果を評価するうえで大きな要素をしめるようになり従来の姿勢を一変させることになります。

このGoogleアップデートの影響は甚大で、不自然なリンクやサテライトサイトからの被リンクなどはペナルティの対象にもなったわけです。反対に自然なリンクを数多く獲得しているWEBサイトの検索順位が大きく上昇するなど、検索結果にも大きな影響がみられました。バックリンク獲得のために、検索エンジンの裏をかくようなSEO対策はもはやペナルティの対象にもなってしまったため、SEO対策の中心も自然ねリンクを獲得することへと、大きく路線変更がなされるようになったわけです。