パソコンを見ている男性

やっちゃいけないSEO対策って何?

SEO対策は検索順位上位表示をねらうことを目的にしています。しかし何をやってもいいわけではなく、Googleガイドラインに違反しないことや、デジタル著作権などに触れる可能性もある手法を採用するとGoogleからペナルティの適用を受ける可能性があります。手動ペナルティにしろ、自動ペナルティにしろ、一度適用を受けてしまうとコンテンツがインデックスされなくなったり、検索順位が大きく下落したりします。しかもペナルティを解除するのは困難なので、くれぐれもペナルティを受けることの内容に日ごろから注意を払うのが賢明です。そこでSEO対策で御法度とされている手法の代表的なものを御紹介しましょう。

コピーコンテンツは他サイトのコンテンツをコピペしたり、わずかに言い回しを変えただけのコンテンツを提供することです。コピーコンテンツは独自の情報を有していないので、ユーザーにとって価値が低いばかりでなく著作権の観点からも問題があるわけです。

隠しテキストとはHTMLやCSSにユーザーの目では認識できない状態にして、キーワードを張る行為です。隠しテキストはユーザーにとって価値がないばかりでなく、品質の低いサイトを上位表示させるのでスパム手法の一種と認識されているようです。

ワードサラダはキーワードを用いてツールで作成したテキストを張る行為になります。ワードサラダはユーザーには理解できない文字列に過ぎないのでやはりスパム的手法のひとつとされているわけです。

被リンクを獲得するのは、従来からあるSEO対策の一つです。この点で注意が必要になるのは、サテライトサイトを複数つくり自作自演リンクで相互リンクを張る行為です。メインサイトとサテライトサイトは名目上別のタイトルを有してはいるものの、被リンクを貼ることは相互リンクの外観を装ってはいるものの、客観的には自作自演リンクと評価されることになるわけです。タイトルなどが違っていても、自作自演リンクはペナルティの対象になります。

当然のことですがコンテンツに嘘が含まれるのも問題です。検索順位上位のサイトなどでコンテンツに嘘が含まれていると”風説の流布”と認定される可能性もあります。
ところでnoindexで一部コンテンツのクロールを拒否しているときは注意が必要です。本来はクロールの対象にするべきコンテンツまで、noindexの影響を受けてインデックスされていない可能性がでてくるからです。