パソコンを見ている男性
公開履歴
パソコンの前に満足な女性

WEBサイトを運営する目的には色々なスタイルがあります。アフィリエイトやWEBマーケティングの実践するための場合もあれば、中長期的に自社企業のブランディングを高めるために利用する場合も想定されます。いずれにせよ最終的には何らかの形でのコンバージョンの獲得を目的にしているのは間違いないでしょう。そのような目的到達のためには、直接的にはGoogleなどの代表的名検索エンジンで検索結果の上位表示を狙うことにあります。これを検索エンジン最適化、SEOというものです。つまりGoogleでの検索結果の上位表示を安定して獲得するには、SEO対策は必須といえます。

しかし何らかのSEO対策をとって、一時的に検索エンジンでのオーガニック検索での上位表示を得ることが出来たとしても、不安定で日によっては検索結果が下位に沈んでしまっては安定した収益などの成果につなげるのは難しいといえます。安定して検索エンジン最適化を維持するには、上位表示化のためのSEO対策に取り組む必要があります。つまり瞬間的にGoogleなどの検索エンジンから高く評価されるだけでは、その後は検索結果が不安定な推移を見せるリスクがあります。ここでポイントになるのはコンテンツの方向性を左右するキーワード選定です。ウェブサイトを舞台にWEBマーケティングを成功させるには検索ボリュームの巨大なキーワードではなく、幾つかのキーワードを組み合わせたロングテールキーワードをツールなどの助けも駆りながら選定する必要があります。

ところでGoogleの検索結果は、クローラーなどのロボットプログラムが循環してウェブサイトを評価することで決定されてきます。Googleがウェブサイトを評価する基準になっているのが、検索アルゴリズムです。検索アルゴリズムとは検索エンジンがウェブサイトを評価する際の基準になるプログラムのことです。Googleでは200以上の検索アルゴリズムが稼動し、クローラーが収集してきた情報を取り上げて(インデックスして)、評価し検索結果に反映されているのです。

検索家結果は売上や集客などの成果に直結するだけに、検索アルゴリズムの更新には常に敏感であるべきといえます。検索アルゴリズム更新はリアルタイム更新されている場合も少なくないので、最新のSEO情報を提供することには大きな意義があります。ある日を境に検索順位が変動すると、後日になって検索アルゴリズムの更新が関係していた事実が判明するのもよくある話だからです。

記事一覧

GoogleにはWEBサイト運営についての基本的ルールとして、Googleガイドラインが設定されてい...

被リンクの質やユーザーにとっての有益な情報を含むコンテンツを、検索結果上位表示させる路線を鮮明にした...

WEBサイトを運営していて物品の販売にも対応できるように、購入のための申し込みファームをもうけていた...

アフィリエイトサイトやWEBマーケティング目的でサイトを立ち上げる際には、ドメインを取得するのが一般...

SEO対策の一環でサテライトサイトの利用が検討される場合があります。メインサイトを惑星になぞらえれば...

リンクとは別サイトに遷移するように関連づけられた移動ボタンに例えることが出来るものです。自サイトから...

日本国内で検索エンジンのユーザーが多いのは、GoogleとYahooが有名ですが基本的にYahooの...